Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
よしみんつれづれとは

ネットショップならでわ屋で店長やってる「よしみん」の徒然なる雑記帳。
ならでわ屋とは
長崎県佐世保市で月刊誌(月刊ならでわ!)を発行する印刷会社が「長崎の良いもの、地元民だけが知る良いものなどを探して販売しちゃいます」というサイト。簡単に言うとネ。
★リンク・コメント大歓迎★ヒトコト何かくださいましヽ(*´∀`)ノ

スカウター : よしみんの徒然ブログ
Recommend
元気のたね2
元気のたね2 (JUGEMレビュー »)
ねこじゃらしプランニング

Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

よしみんの徒然ブログ−ネットショップならでわ屋店長ブログ−

リンク・コメント大歓迎★ヒトコト何かくださいましヽ(*´∀`)ノ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
かんねばなし
また久々の更新です|゚ー゚)ノ ィョゥ
思い出したかのようにスタッフブログと共に更新。

私はうちの出版部門「芸文堂」のネット注文の受注処理や発送もやっているんだけど、今年に入ってからかなぁ?
かんねばなし(リンクページの一番下)」の問い合わせ・注文が多い。
「かんねばなし」とは
江戸中期あたりから、唐津地方で語り伝えられてきた、勘右衛門(かんね)と呼ばれる人物の奇行譚「かんねばなし」。笑い話として伝承されてきた話の数々を、唐津弁から現代語に翻訳した読みやすい民話集。(芸文堂 出版目録 彩より)

1983年発刊のようなので、私とほとんど年変わらないよ、この本(笑)

唐津市の郷土史家、富岡行昌さんが著者であるこのかんねばなし。
どうも佐賀新聞で連載されている模様。
この中の音読企画で取り上げられているそうです。

上巻は絶版で販売をしていないのですが、ぜひまた再販してくださいという声も。
下巻もちゃくちゃくと在庫なしに近づいているようです。


もし、興味がある方はぜひ一度佐賀新聞をご覧になるか、
芸文堂出版 筑紫文庫「かんねばなし」をご覧くださいませ。

   

Posted by よしみん
芸文堂のこと / 16:19 / comments(0) / trackbacks(0)
松浦党諸家系図集
うちの会社は出版社でもあります。
芸文堂というのですが、図書出版・自費出版を扱ってます。

そのなかで、松浦党(まつらとう)研究の本を出版させてもらってるのです。
松浦党とは
中世、松浦地方に割拠し、九州北西部に勢力をもった武士団。平安時代以来、嵯峨源氏の子孫を称する一族が土着し、南北朝時代以降は同族団的結合を強め、異姓の諸氏も組み入れた。(ヤフー辞書より)


松浦党諸家系図集という系図集を今日見ました。
全部手書き。昭和56年6月初版で満27サイ。
私と同じ年です。

私が見たのは系図集の第2集。
4,515円だったかな?

それをamazonの古本で見てみると
なんと35,000円(゜ロ゜)
驚きました( ̄Д ̄;;

プレミアがついているということかしら?


自社HPでも芸文堂の本を販売しています。
芸文堂の本

amazonはコチラ↓
   

Posted by よしみん
芸文堂のこと / 11:49 / comments(2) / trackbacks(0)